職場の雰囲気大丈夫??

雰囲気の良い職場への転職ポイント「時間がない時の対処法」

転職活動に時間が割けないときの対処法

転職活動に時間が割けないときの対処法

雰囲気の良い職場への転職を考えてはいても、転職活動に割く時間を捻出できないからなかなか進めることができず困っている人はいませんか。時間がなくて転職活動がままならない場合の対処法をご紹介します。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

求人検索の対処法

ハローワークや求人情報誌など求人を検索する手段はいろいろありますが、時間がない時はそのひとつひとつをゆっくりと吟味するのは難しいことです。しかし、転職サイトに登録すると自分の希望に沿った求人をすぐに検索することができるのでそれほど時間をかけずに吟味することができます。また、スカウト機能を利用すれば希望条件と合った応募先から声がかかるのを待つだけなので、もっと簡単に見つけることができます。

書類作成にかかる時間は?

応募先が決まったら必要になるのが履歴書や職務経歴書といった応募書類です。書き方のコツが分かっていればそれほど時間がかからないとはいえ、それでも1時間はかかるとみておいた方がいいでしょう。ですが、転職サイトによっては書類の書き方を教えてくれたり実際の書類を添削してくれたりといったサービスもあります。それらをうまく活用して書類作成にかかる時間を短縮しましょう。

面接にかかる時間は?

転職の中でも特に時間がかかるのが面接です。面接は基本的に平日の昼間に行われるため、今の職場で休みを取らなければなりません。また、面接が一回だけで終わらず複数回行われる場合はさらに時間がかかってしまいます。ですが、すべての面接日に休みを取ることはそう簡単なことではありませんよね。時には面接日をずらしてもらわなければならないこともあるかと思いますが、個人で面接日を交渉するにしても応募する側なのでそう強くもいえません。ですが、転職エージェントでは利用者の休みやすい日に面接日を設定したり日時の調整を代わりに行ったりとできるだけ休む日を少なくするように働きかけてくれるため、時間がなくてもスムーズに進めることができます。

最終手段は仕事を辞めること

転職活動のために仕事の時間を削ることができないのであれば、プライベートな時間を削るしかありません。使える時間がどこかにないか探してみましょう。通勤時間やちょっとした移動の時間、休憩時間など案外見落としがちなところもあるかもしれません。
それでも時間がないようであれば、仕事を辞めてから転職活動をスタートさせるしかありません。仕事がなければ時間もたっぷりあるので、焦ることなくゆっくりと吟味することができます。ですが、仕事を辞めてしまったら収入が途絶えてしまうというリスクも抱えることになります。失業保険もありますが、実際に手元にくるのは退職してから3カ月後です。仕事を辞めてから転職活動を行うのであれば、3カ月間収入がなくても困ることがないようにある程度貯金しておきましょう。

職場の雰囲気大丈夫??

雰囲気の良い職場で働きたいあなたへおすすめの記事