職場の雰囲気大丈夫??

職場の雰囲気を良くするコツ!「チームワークの作り方」

チームワークを良好にする方法とは?

チームワークを良好にする方法とは?

個人だけではなく複数人が集まってチームとして仕事を進めこともあるかと思います。チームで働くのであればチームワークが重要になってくるわけですが、良いチームワークを築くためにはどうすればいいのでしょうか。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

まずは立ち位置を明確にする

最初に行うのは自分の立ち位置を明確に知ることです。このチームのメンバーは何人なのか、自分の役割はリーダーなのかメンバーなのか、仕事内容は何か、ということを把握してからチーム全体の役割や目標を明確にすると仕事の進め方や道筋が見えてきます。
もし立ち位置が分からなければ何をどうすればいいのか分からなくなるため、リーダーから怒られてしまったり部下のメンバーに不満を持たれたりしてしまいます。不満があるとチームワークが悪いと感じてしまうため、良好な人間関係も築くことができないまま「仕事ができない人」と思われて終わってしまうことになる可能性もあります。

チーム作りにはコミュニケーションが必要不可欠

チームワークをより良くするためにもコミュニケーションは積極的に取るようにしましょう。些細なことでいいのでそれをきっかけとしてチーム内でコミュニケーションを取ると、人間関係が良好になるばかりかチーム全体に活気がつくため仕事に前向きに取り組ことができ、やりがいも感じることができます。ですが、コミュニケーションがうまく取れていないとチームとして機能することが難しくなるため、チーム内の空気も悪くなってしまいます。空気が悪いと仕事が楽しいと感じることもないため、モチベーションややる気も下がってしまいます。

良いリーダーとは?

リーダーの存在はチームの大切な基礎となります。仕事内容や個人の価値観で違いはありますが、「良いリーダー」とはチームを活気づかせて仕事を成功へ導くリーダーのことです。
成果を出すためにはチームの目標を見誤らずに進めていかなければなりませんが、そのためには的確な指示を出したり進捗情報を共有したりする必要があります。情報を共有することでメンバーの意識を揃えて、目標へ向かって進めていくことができますがリーダーからの情報共有がなければ、不必要なことをしてしまったり勝手に他のことをしてしまったりとミスも増やしてしまい、成果を上げることはできません。
また、「良い環境作り」もリーダーの仕事のひとつです。コミュニケーションをしっかりと取って情報共有を行っていても、ミスをしないわけではありません。ミスをしたメンバーをフォローする姿勢をはじめ成果を出したときにメンバーを褒める姿勢など、仕事のモチベーションを上げる環境作りもリーダーの重要な仕事です。

チームの良さを生かす

人には誰しも得手不得手があると先述しましたが、チームで仕事をすることのメリットはこの不得手をカバーし合えるということです。お互いにカバーし合うことで相乗効果が生まれてチームの成果も上げることができるのです。

職場の雰囲気大丈夫??

雰囲気の良い職場で働きたいあなたへおすすめの記事